Top > 肌のトラブルと洗顔法 > アトピー

アトピー肌の原因と洗顔方法

アトピー肌の原因と洗顔方法特集

アトピーと洗顔方法

芸能人・モデルの愛用の口コミ・体験談情報

アトピー肌の洗顔方法では、洗い方やすすぎのお湯の温度や洗顔石鹸がポイントです。皮膚炎や湿疹肌は、低刺激性の敏感肌・トラブル肌用の洗顔石鹸・シャンプーを使用します。症状が改善したら、洗顔後のスキンケアも大切です。

アトピー肌は、洗顔方法と洗顔石鹸選びが大切です。

皮膚炎や湿疹時の肌は、表皮の皮脂の量が少なく、肌が乾燥しやすくなっています。
肌の皮脂量が少なく乾燥しやすいアトピー肌は、肌のバリア機能が弱くなります。
バリア機能が低下すると、ばい菌に弱くなりますね。
健康肌では問題が無い肌状況や環境でも、バリア機能が低下している肌は湿疹ができます。

次に。アトピー肌を考慮した洗顔方法と洗顔石鹸選び、そしてスキンケアを紹介します。

洗顔石鹸の選び方

肌のバリア機能が低下して、皮膚炎や湿疹ができやすい肌では、洗顔石鹸の選び方が大切です。 敏感肌用・トラブル肌用の洗顔石鹸・シャンプーを選びます。

敏感肌用やトラブル肌用の洗顔石鹸・シャンプーでも、刺激ゼロではありません。
チョット試してから、本格的に使うようにしましょう。

洗顔石鹸・シャンプーは、無添加(敏感肌用・トラブル肌用)の製品を選ぶと良いですね。
アトピー肌の洗顔方法では、無添加の洗顔石鹸・シャンプー選びが大切です。

洗顔

皮膚炎や湿疹がひどい時は、洗顔石鹸やシャンプーの使用は極力避けます。 低刺激性の洗顔石鹸・シャンプーでも刺激ゼロではありません。 化粧落とし以外の洗顔は、ぬるま湯だけで行うようにします。

皮膚炎や湿疹があるときには、化粧は最小限にしたいですね。


アトピー肌の洗顔方法(洗い方)

皮膚炎や湿疹時の洗顔は、泡で洗うことが大切です。 無添加・低刺激性の、洗顔石鹸やシャンプーの泡だけで肌の汚れを落とします。

顔にパックのように泡を乗せて、汚れを落とします。
アトピー肌の洗顔方法では、泡洗顔がポイントです。

アトピー肌の洗顔方法(洗顔時間)

アトピー肌の洗顔方法では、洗顔時間を短くすることが大切です。 肌の皮脂成分や保湿成分を落とさないように、洗顔時間を短くします。

長時間の洗顔は、肌への刺激が多くなります。
肌に泡を乗せている時間と、泡をすすぐ時間を短くします。

アトピー肌の洗顔方法(すすぎ)

アトピー肌の洗顔方法では、すすぎ時のぬるま湯の温度も大切です。 お風呂の入浴温度は高すぎます。

洗顔の時のすすぎはぬるま湯が基本です。
洗顔時のぬるま湯の温度は30~34℃が適切です。

アトピー肌の洗顔方法とスキンケア

皮膚炎や湿疹が改善してきたら、洗顔後のスキンケアをします。 低刺激性のスキンケア化粧品で健康肌に導きます。 使用前に、スキンケア化粧品を医師に確認することも大切です。


HOME
CSS