Top > 肌のトラブルと洗顔法 > シミの原因 > シミの原因と洗顔予防方法

シミの原因と洗顔予防方法

口コミ・体験談情報

シミの原因を見つけて、洗顔予防方法や洗顔石鹸を選びましょう。肌の乾燥や刺激は、くすみ・シミの原因です。肌の乾燥・刺激対策は、保湿洗顔石鹸・洗顔時間・ぬるま湯の温度・洗い方がポイントです。洗顔後のスキンケア化粧品も大切ですね。

シミの原因を考えた洗顔予防方法で、透明感のある美白・美肌になりたいものです。
メラニン色素の沈着による肌の変色は、加齢とともに発生しやすくなります。

加齢による代謝機能の低下で、メラニン色素を含んだ細胞が表皮に蓄積すると、シミやくすみが生まれます。

加齢や乾燥した空気は、肌のシミやくすみの原因になります。

肌に合わない化粧品を使い続けることも、肌のくすみ・シミが生まれます。
肌に合う化粧品を選んで、肌への刺激を少なくしましょう。

次に、くすみ・シミの原因と洗顔予防方法&スキンケアについて紹介します。

洗顔石鹸の選び方

肌のくすみやシミの原因が乾燥の場合は、適切な洗顔予防方法と洗顔石鹸を選ぶことが大切です。 洗顔石鹸と正しい洗い方で、透明感のある美白・美肌になれます。

洗顔石鹸を手につけて、肌をゴシゴシこすると肌に傷をつけます。
肌に傷がつくと、肌のバリア機能が衰えて、くすみ・シミが発生しやすくなります。

保湿成分を含んだ洗顔石鹸の泡で、毛穴奥の汚れや肌溝の汚れを落としましょう。
洗顔石鹸の細かい泡を、肌にのせて汚れを落とします。
洗顔石鹸の泡だけで、肌の汚れを落としてください。

すすぎ、乾燥

くすみ・シミは、肌の乾燥に関係しています。 肌の乾燥の予防には、すすぎ時のぬるま湯の温度が大切です。

すすぎ時のぬるま湯の温度が高いと、肌が乾燥しやすくなります。
すすぎ時のぬるま湯の温度は低めにします。
洗顔する時のぬるま湯の温度は、30~34℃程度です。

洗顔時間

肌の乾燥を考えた場合、洗顔時間も大切です。 泡をのせている時間とすすぎの時間を短くします。 洗顔時間全体を短くすることがポイントです。

くすみ・シミの原因を考えた洗顔予防方法では、洗顔時間とぬるま湯の温度に気をつけましょう。

洗顔石鹸の成分

洗顔石鹸を選ぶ時は、刺激性が少ないタイプを選びましょう。 刺激性が少ない洗顔石鹸を選ぶポイントは合成添加物です。

合成添加物が少ないタイプを選ぶとOKです。
合成界面活性剤・合成香料・合成乳化剤・合成防腐剤などの添加物が含まれていないタイプは肌刺激が少なくなります。

スキンケア

乾燥がくすみ・シミの原因の場合は、洗顔予防方法に加えて洗顔後のスキンケアも大切ですね。 保湿機能が優れたスキンケア化粧品に変えることで、肌の乾燥を改善できます。 スキンケア化粧品は、刺激が少ないタイプを選びましょう。

シミの原因と洗顔予防方法の情報

シミの原因を見つけて、洗顔予防方法や洗顔石鹸を選びましょう。肌の乾燥や刺激は、くすみ・シミの原因です。肌の乾燥・刺激対策は、保湿洗顔石鹸・洗顔時間・ぬるま湯の温度・洗い方がポイントです。洗顔後のスキンケア化粧品も大切ですね。

HOME
CSS