Top > 肌のトラブルと洗顔法 > 肌のキメが粗い時

肌のキメが粗い原因と洗顔予防方法

肌のキメが粗い原因と洗顔予防方法特集

肌のキメが粗い原因と洗顔予防方法

芸能人・モデルの愛用の口コミ・体験談情報

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法で、肌トラブル予防やアンチエイジングができます。肌のキメ(肌理)を細かくする洗顔ステップは、ぬるま湯での毛穴開き・泡立て・すすぎがポイントです。乾燥肌の人は、すすぎ回数を少なくします。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法を紹介します。
赤ちゃんの肌は、キメ(肌理)が細かくてキレイですね。

乾燥したガサガサ肌はキメ(肌理)が粗くて、暗い感じがします。
キメ(肌理)とは、「皮膚や物の表面の細かいあや」のことです。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法で、肌トラブルが解決できるようです。
肌のキメが粗い原因を改善する洗顔予防方法で、肌トラブル予防やアンチエイジングをしましょう。

スキンケアの基本は洗顔です。
正しい洗顔で、肌トラブルやアンチエイジングができます。
肌のキメ(肌理)を整えて、肌トラブル予防やアンチエイジングをしませんか。

次に、肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法のステップを紹介します。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ1

手の平や手の甲、そして指の間をしっかりと石けんで洗う。 手に油分や汚れがついていると、石けんの泡立ちが悪くなります。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ2

毛穴を開く為に、ぬるま湯を顔全体にかけます。 ぬるま湯を顔にかけて、毛穴をじゅうぶん開くことがポイントです。 肌タイプによってぬるま湯の温度が異なります。 脂性肌は30~32℃ 普通肌は26~30℃ 乾燥肌は24~28℃ 混合肌は24~30℃になります。

お風呂のお湯はぬるま湯ではありません、お風呂の温度は高すぎます。
高すぎる温度は乾燥肌の原因になります。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ3

泡立てネットや泡立てボールなどで、泡立てをシッカリとします。 指先とぬるま湯でも泡立てできますが、泡立てネットや泡立てボールを使うと簡単です。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ4

キメ細かい固い泡が作れればOKです。 キメ細かくて固い泡は、泡を分けた時に角が立ちます。 始めは上手く作れませんがスグに上手になります。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ5

キメ細かい濃密な泡が、卵1個分程度できたら泡を顔に置きます。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ6

指の腹に泡をつけて、アゴの先下から外上に向かって泡をなでつけます。 泡は内側から外側につけていきます。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ7

眉毛の上やおでこも、内側から外側に向かって泡をなでるようにつけます。 軽いタッチで優しくつけるのがポイントです。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ8

顔に泡を10秒~20秒程度のせたらすすぎます。 長時間泡をのせていると、肌への刺激が強い場合があります。 乾燥肌・敏感肌・トラブル肌・肌荒れに悩みがある人は洗顔時間を短くしませんか。

肌のキメが粗い原因を考えた洗顔予防方法―ステップ9

10秒~20秒経過したらぬるま湯ですすぎます。 すすぎの回数は8~10回以内が目安です。 すすぎの回数が多くなると、肌の潤いを逃がします。 すすぎ切れの悪いフェイスソープは、すすぎ切れの良いタイプに替えましょう。

HOME
CSS