Top > 洗顔石鹸コラム > 洗顔石鹸の泡立て方法

洗顔石鹸の泡立て方法

洗顔石鹸の泡立て方法特集

洗顔石鹸の泡立て方法

芸能人・モデルの愛用の口コミ・体験談情報

洗顔石鹸の泡立て方法には、ぬるま湯と指先・泡立てネット・泡立てボールの3つがあります。固形タイプもチューブタイプも、泡立てのステップは同じです。ぬるま湯と指先で泡立てしますが、泡立てネット・泡立てボールを使うほうが簡単です。

洗顔石鹸の泡立て方法については、いろいろな方法があるようです。
固形タイプの石けんと比べて、チューブタイプの石けんは泡を立てるのが難しいですね。

テレビコマーシャルや雑誌などでは、濃密なモコモコ泡で洗顔していますね。
現実的には、テレビコマーシャルや雑誌のCM写真のような、濃密モコモコ泡を立てるのは大変ですね。
石鹸の泡を上手く立てられない人も多いようです。

次に固形タイプの洗顔石鹸の泡立て方法を紹介します。

固形タイプの洗顔石鹸の泡立て方法ステップ1

固形タイプの石鹸で手をシッカリと洗います。 手に油分や汚れがついていると、泡立ちが悪くなります。

固形タイプの洗顔石鹸の泡立て方法ステップ2

ぬるま湯を使用します。手の平に洗顔石鹸をおいて、反対の手の3本の指でなでます。

固形タイプの洗顔石鹸の泡立て方法ステップ3

少し泡立ったら、ぬるま湯を少し加えて空気を含ませながら、指先で泡の量を増やします。 あわてずに少しずつぬるま湯を加えながら泡立てると、細かい濃密な泡を作れます。

天然由来成分だけで作られている固形タイプは、泡立ちが悪いものもあります。
泡立ちを良くする成分が含まれていないので仕方がありません。
泡立ちを良くするには、泡立てネットや泡立てボールを使う方法もあります。

洗顔石鹸の泡立て方法と泡立てネットと泡立てボール

洗顔石鹸の泡立て方法では、泡立てボールや泡立てネットを使用するほうが簡単です。

固形タイプの洗顔石鹸の泡立て方法では、ぬるま湯と指先で濃密な泡を作ることもできます。
しかし、時間がない時には、泡立てボールや泡立てネットを使うほうが便利です。
天然由来成分だけで作られているタイプを使うときにオススメします。

チューブタイプの洗顔石鹸の泡立て方法にも、泡立てネットや泡立てボールは使えます。
固形タイプの石けんだけでなくチューブタイプの石けんも、泡立てネットや泡立てボールを使うと、簡単にモコモコ泡を作れます。


HOME
CSS