Top > 洗顔石鹸コラム > 洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の選び方特集

洗顔石鹸の選び方

芸能人・モデルの愛用の口コミ・体験談情報

洗顔石鹸の選び方では、自分の肌タイプを知ることが大切です。肌タイプには、普通肌,混合肌,脂質肌,乾燥肌があります。フェイスソープのペーハー(PH)も大切です。弱酸性か弱アルカリ性によって、洗浄力が異なることがあります。

洗顔石鹸の選び方を紹介します。
フェイスソープには多くの種類があり、多くのメーカーから販売されています。
あんまり多くの製品がでているので、洗顔石鹸の選び方に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

洗顔は美肌・透明肌になる為の基本です。
ニキビや肌荒れで困っている人も、洗顔石鹸の選び方や洗顔方法によって改善されます。
自分の肌状況に合うフェイスソープを選ぶことが、ニキビや肌荒れの改善をして、透明肌や美肌になるポイントです。

フェイスープには弱アルカリ性タイプと弱酸性タイプがあります。
自分の肌状況を考えてフェイスソープを選ばないと、ニキビや肌荒れを悪化させることもあります。

ペーハー(PH)を考えた、正しい洗顔石鹸の選び方を紹介します。

ペーハー(PH)を考えた、正しい洗顔石鹸の選び方(1)

ペーハー(PH)7付近が中性になります。 ペーハー(PH)7以下は酸性、ペーハー(PH)7以上はアルカリ性になります。

肌は弱酸性なので、ペーハー(PH)7以下の弱酸性のフェイスソープを選ぶと肌への刺激を少なくできます。

ペーハー(PH)を考えた、正しい洗顔石鹸の選び方(2)

弱酸性のフェイスソープは、肌にやさしいのが特徴ですが、一般的に汚れの落ちは弱くなります。 その為、毛穴奥や肌溝の汚れがつきやすい肌の人の場合は注意が必要です。

弱酸性のフェイスソープで洗顔していて、肌トラブルになる場合もあります。
一般的には、シットリするフェイスソープは弱酸性で、サッパリ系のフェイスソープは弱アルカリ性です。

洗顔石鹸の選び方では、自分の肌環境を考えて選ぶことが大切です。

洗顔石鹸の選び方と肌タイプ

洗顔石鹸の選び方で大切なことは、自分の肌タイプを知ることも大切です。
肌タイプには、普通肌タイプ・脂質肌タイプ・乾燥肌タイプ・混合肌タイプがあります。

洗顔石鹸の選び方で大切な普通肌タイプ

普通肌タイプは、ニキビや吹き出物などの肌トラブルは少ないですね。 水分が多くて比較的なめらかな肌です。 普通肌の人は、一般的なスキンケア化粧品を使っても肌トラブルがおきません。

洗顔石鹸の選び方で大切な脂質肌タイプ

顔が脂質でベトベト・テカテカしています。 ニキビや化粧崩れが気になる肌タイプです。 毛穴の開きや肌のキメが気になるのが、脂質肌タイプの特徴です。

洗顔石鹸の選び方で大切な乾燥肌タイプ

肌がカサカサして、小じわが目立つのが乾燥肌タイプの特徴です。 肌荒れしやすく、顔色もくすんでいます。

洗顔石鹸の選び方で大切な混合肌タイプ

顔の部位によって、テカテカする場所とカサカサする場所が混在しています。 ニキビと小じわに悩まされるのが、混合肌の特徴です。

洗顔石鹸の選び方では、普通肌タイプ・脂質肌タイプ・乾燥肌タイプ・混合肌タイプに合うフェイスソープを選ぶことが大切です。

HOME
CSS